人間らしく生きるために 社会と人間の根本を学ぶ

アピール(2014年6月21日)

  • HOME »
  • アピール(2014年6月21日)

アピール
勤労協会員のみなさんへ
安倍暴走政治に正面から対決する力を強めるため、
基礎理論を中心にした総合的な学習教育運動の前進をつくりだしましょう!

安倍首相は、憲法解釈を変更して集団的自衛権行使容認の閣議決定をすることに異常な執念を見せています。一内閣が、私的諮問機関からの報告のみをお墨付きとして、憲法の条文を閣議決定によって実質的には効力停止しようというものであって、クーデタともいえる民主主義の破壊行為です。私たちは、集団的自衛権の行使容認を断じて許しません。憲法解釈変更の閣議決定を絶対に許しません。
安倍政権の暴走政治は、このことにとどまりません。医療・介護改悪強行、教育委員会制度改悪強行、大学自治破壊法強行、秘密保護法に次ぐ秘密国会法強行、消費税増税、労働法制改悪、原発再稼働、TPP、憲法改悪…、あらゆる領域にわたっており、こうした暴走政治に反対する声、怒りの声が大きくひろがりつつあります。

こうしたなかで、一方で個々の問題についての学習がいよいよ重要であるとともに、こうした問題を考えるうえで、この社会をどうとらえたらいいのか、自分の頭で主体的に考える基礎を身につけていかないと、情勢に対して受身になりかねません。基礎理論を学び、そもそものところがわかると、主体的に自分の頭で考え行動することができます。
関西勤労協は、昨年の創立60周年にあたって、『現代を生きる基礎理論』を発行しました。この『現代を生きる基礎理論』は、科学的社会主義の基礎理論を系統的に学べる、読んで解るテキストであるとともに、学習会のテキストとして最適です。読み合わせて感想や意見を出し合うと深まり、確信となります。60年近くの歴史をもつ関西労働学校総合教室の講義をベースにしたものであり、研究者・学習活動家が何重にも徹底した集団的議論を重ねて練り上げられたものです。大阪ですでに1000冊が普及され、全国的には2000冊近くに及びます。学習会がひろがりつつあり、やりはじめると学習の喜びが実感されて学習会が途切れることなく継続されているのが特徴です。

会員のみなさんによびかけます。この重大な情勢のもとで、今こそ基礎理論学習をひろげることで、安倍暴走政治に正面から対抗する力を強めましょう。会員のみなさんが『現代を生きる基礎理論』をよく読み、周りのみなさんと学習会を開きましょう。基礎理論学習は、必ずさらに学習を深めひろげる決意につながります。『学習の友』や関西労働学校の学習を思い切ってひろげましょう。
来年は関西労働学校開校60周年。今年10月には「全国学習交流集会 in 千葉」が開催されます。「全国学習交流集会」に向けて、地域に拠点をおいて職場に学習をひろげ、基礎理論を中心にした総合的な学習教育運動の前進をつくりだし、安倍暴走政治と正面から対決する力を強く大きなものにしていき、2015年を迎えましょう。

2014年6月21日
関西勤労者教育協会第3回常任理事会

お問い合わせ TEL 06-6943-1451

勤労協のイベント

  • facebook
関西勤労者教育協会
大阪市中央区森ノ宮中央1-14-17
ICB森ノ宮ビル402号
電話:06-6943-1451
FAX:06-6942-3923
MAIL:morikin@helen.ocn.ne.jp勤労協地図220”width=
Copyright © 関西勤労者教育協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.