人間らしく生きるために 社会と人間の根本を学ぶ

第178期 労働組合基礎教室

  • HOME »
  • 第178期 労働組合基礎教室

第178期関西労働学校
労働組合基礎教室

☆日程=10月10日~12月12日 毎週金曜日 全10回
☆講師=槙野理啓、他(勤労協講師)
☆会場=関西勤労協(森ノ宮)
☆テキスト=『レジュメ集』

たのしく やさしく たくましく!

労働組合といえば、
暗い、弱い、頼りない? 
人が集まらない、
元気が出ない、
役員のなり手がない? 
会議だ、集会だ、宣伝だ、
走り回ってはみたけれど、
賃金は下がる、仕事はきつくなる、
権利は後退させられる……

いま労働者と労働組合をとりまく状況には、
かつてないきびしいものがあります。

でも、
労働組合にたいする攻撃のきびしさは、
労働組合の社会的影響力の大きさのあらわれです。

ところが、
労働組合の姿が一般にはほとんど知られていません。

しかし、
だからこそ労働組合の存在意義が
問われるということでもあります。

もちろん、
労働組合があれば自動的に労働者の要求が
実現するというわけではありません。

しかし、
労働組合であってこそ、
使用者や政府と対等に話し合う基盤が確保できます。
おかしいことをおかしいという、
こんな楽しいことはありません。
みんなのために役に立つ、
ここをつかめば人にたいして優しくなります。
正しいことはやっぱり正しい、
労働組合は意外とへこたれません……

労働組合の本質は何か、
労働組合の役割はどこにあるか、
労働組合の社会的責任とはどういうことか、
学ぶべき課題はいっぱいあります。

組合役員も、新入組合員も、
仲間とともにみんなで学び、
いろんな職場の人たちと交流し、
自分たちの力で
「人間らしい労働と生活」を実現していくみちすじを
明らかにしていこうではありませんか。

《講義日程とテーマ》      
  講義時間=午後6時30分~8時30分
① 10月10日(金) なぜ労働組合をつくるのか
② 10月17日(金) 労働組合はどのようにして生まれたか
③ 10月24日(金) 労働者と労働組合の権利
④ 10月31日(金) 資本主義と搾取のしくみ
⑤ 11月 7日(金) 日本社会の現状とその民主的改革
⑥ 11月14日(金) 要求をみんなのものに
⑦ 11月21日(金) 労働組合の基本的性格と任務
⑧ 11月28日(金) 労働組合の組織とたたかい方
⑨ 12月 5日(金) 日本の労働組合運動の歴史と教訓
⑩ 12月12日(金) 今日の情勢と労働組合運動の展望

お問い合わせ TEL 06-6943-1451

勤労協のイベント

  • facebook
関西勤労者教育協会
大阪市中央区森ノ宮中央1-14-17
ICB森ノ宮ビル402号
電話:06-6943-1451
FAX:06-6942-3923
MAIL:morikin@helen.ocn.ne.jp勤労協地図220”width=
Copyright © 関西勤労者教育協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.