人間らしく生きるために 社会と人間の根本を学ぶ

第178期 日本近現代史教室

  • HOME »
  • 第178期 日本近現代史教室

第178期関西労働学校
日本近現代史教室

戦争する国しない国
戦後史のなかの憲法・安保・自衛隊

講師= 西尾泰広、他 (関西勤労協講師)

今年もまた暑い夏がやってきました。

広島、長崎、「終戦」記念日…、
夏は、戦争と平和について、
あらためて思いをめぐらす季節でもあります。
戦後69年目となる今年の夏はなおのこと。

安倍政権は、この1年の間に、
特定秘密保護法の制定、
靖国神社参拝、
教科書検定基準の改定、
日本版NSCの発足、
防衛装備移転3原則の決定、
河野談話の検証、
そして
集団的自衛権行使容認の閣議決定などを
相次いで強行しました。

もう二度と戦争をしないと誓った
「戦後レジーム」から脱却して、
ふたたび
「戦争のできる国」へと
ひた走っているかのようです。

また、
市民社会のなかにも、
嫌中論・嫌韓論が広がり、
ヘイトスピーチが横行するなど、
排外主義的なナショナリズムが高まっているようにみえます。

もはや「戦後」ではなく、
新たな「戦前」に位置しているのかもしれません。

はたして戦後70年の夏を無事に迎えることができるのでしょうか。

戦後史の重大な岐路に立っている現在、
本教室では、
憲法・安保・自衛隊をキーワードに、
「戦争をしない国」として出発した
戦後日本のあゆみをふりかえり、
戦後の平和主義や
民主主義の到達点や
課題を確認するとともに、
現状を打開する方向をともに考えたいと思います。

「戦争のできる国」づくりを許さないためにも
多くの受講生が集うことを期待しています。

■ 講義日程とテーマ(予定)
① 10月 8日(水)  戦後日本の歴史的岐路に立って
② 10月15日(水)  大日本帝国と戦争・植民地支配
③ 10月22日(水)  戦後日本の出発と日本国憲法の誕生
④ 10月29日(水)  戦後民主主義の広がり
⑤ 11月 5日(水)  日米安保体制の成立
⑥ 11月12日(水)  護憲と改憲のせめぎあい
⑦ 11月19日(水)  自衛隊と専守防衛
⑧ 11月26日(水)  戦後政治の総決算
⑨ 12月 3日(水)  自衛隊の海外派遣―湾岸戦争からイラク戦争
⑩ 12月10日(水)  第2次安倍政権と「戦争のできる国」づくり

■ 日  程 10月8日(水)~12月10日(水) 毎週水曜日 全10回
■ 講義時間 午後6時45分~8時45分〔予定〕
■ 講  師 西尾泰広、他(関西勤労協講師)
■ 会  場 関西勤労協会議室(JR・地下鉄「森ノ宮」駅下車、西へ徒歩2分、ICB森ノ宮ビル4階)

お問い合わせ TEL 06-6943-1451

勤労協のイベント

  • facebook
関西勤労者教育協会
大阪市中央区森ノ宮中央1-14-17
ICB森ノ宮ビル402号
電話:06-6943-1451
FAX:06-6942-3923
MAIL:morikin@helen.ocn.ne.jp勤労協地図220”width=
Copyright © 関西勤労者教育協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.